写真家・東松照明 全仕事

映画や音楽コンサート、レジャーやアート、テレビ、ショップ、出会い、転職まで名古屋のイベント情報を幅広く掲載

旬のキーワード
奇祭
トムとジェリー
アウトドア
アニメ
原画
餃子
卓球
アンパンマン
キルト
コスプレ
エヴァンゲリオン
謎解き
キャンピングカー
スケート
ぎょうざ
マラソン
珍祭
アート写真家・東松照明 全仕事

2011/4/23~6/12

60年に及ぶ写真家・東松照明の表現の集大成。4月23日(土)~6月12日(日)まで名古屋市美術館で開催。

現代日本を代表する写真家・東松照明(1930- )は、写真というメディアの記録性を活かしながら、敗戦からのわれわれ日本人の精神の在り処をその深奥から浮かび上がらせて見せます。

1930(昭和5)年に名古屋市東区新出来町に生まれた東松は、20歳の時に写真に出会い、愛知大学を卒業後、上京し岩波写真文庫のスタッフ・カメラマンとしてそのキャリアを始めました。

戦後の日本が抱える矛盾や問題を、従来の報道写真とは異なる手法で提示するその表現は、日本の写真の“ヌーヴェル・ヴァーグ(新しい波)” としてはやくから注目されました。

「被爆」の精神的葛藤を追及し、写真家のライフ・ワークともなった<長崎>シリーズ(1961~)。占領と独自性が屹立する沖縄の精神性を注視した「太陽の鉛筆」(1975)。

現在も継続して撮影され続けているこれらの作品群は、歴史や時間の経過はもとより、観る者に「いま」を強く意識させる、優れた“叙事詩”へと結実しています。

今回の展覧会は、60年に及ぶ写真家・東松照明の表現の集大成を見せる本格的な回顧展です。どうぞご期待ください。

写真家・東松照明 全仕事

期間:2011年4月23日(土)~6月12日(日)
時間:午前9時30分~午後5時、金曜日は午後8時まで。
ただし、4月29日(金・祝)は午後5時まで。
※入場は閉館の30分前まで。

休館日 毎週月曜日

会場:名古屋市美術館

料金:
一般 当日:1,100円
高大生 当日:700円
小中生 当日:400円

名古屋市美術館
名古屋市中区栄二丁目17-25 白川公園内
電話 052-212-0001
Fax 052-212-0005

開館時間:9:30~17:00
祝日を除く金曜日は20時まで開館

アクセス:
地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」下車、5番出口から南へ徒歩8分
地下鉄鶴舞線「大須観音」下車、2番出口から北へ徒歩7分
地下鉄名城線「矢場町」下車、4番出口から西へ徒歩10分

駐車場:
お客様用駐車場はありません。
白川公園内の有料駐車場等をご利用ください。

白川公園駐車場
営業時間 午前8時~午後9時
料金 30分あたり 180円
駐車台数 58台

◇ブックマーク:お気に入りに追加 Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Googleブックマークに登録 livedoorクリップに投稿 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク Choixにブックマーク
◇カテゴリ:アート
◇タグ:名古屋市美術館

アートのイベント

近日のイベント

チケットぴあ