展覧会 名古屋400年のあゆみ

映画や音楽コンサート、レジャーやアート、テレビ、ショップ、出会い、転職まで名古屋のイベント情報を幅広く掲載

旬のキーワード
スケート
エヴァンゲリオン
奇祭
謎解き
春まつり
珍祭
アウトドア
マラソン
原画
ぎょうざ
卓球
コスプレ
アニメ
キルト
キャンピングカー
餃子
トムとジェリー
アンパンマン
その他展覧会 名古屋400年のあゆみ

2010/1/9

開府400年記念特別展

平成22年(2010)は、城下町名古屋が誕生して400年、名古屋開府400年にあたる年。そこで名古屋市博物館で「名古屋400年のあゆみ」をたどる展覧会を開催。

名古屋の町づくりは、慶長15年(1610)、名古屋城の築城とともに始まりました。平成22年(2010)は、城下町名古屋が誕生して400年、名古屋開府400年にあたる年です。

江戸時代には、尾張徳川家のもと、安定した発展を遂げ、明治以降も日本経済の牽引車的な役割を果たしてきた名古屋ですが、400年の歴史をひもといてみると、実にさまざまなできごとに出会います。

今回の展覧会では、40のトピックスをとりあげて「名古屋400年のあゆみ」をたどることとしました。

なじみの深い寺院や学校・建造物の由来、この町をおそった地震や台風などの自然災害とそこからの復興、芝居や見せ物など庶民生活の盛り上がり、名古屋ゆかりの著名人たちとその業績など、盛りだくさんの内容をご紹介します。

ここで40のテーマといくつかのテーマについて解説の紹介をします。

開府400年記念特別展 名古屋400年のあゆみ
会場:名古屋市博物館
名古屋市瑞穂区瑞穂通1丁目27-1

会期:平成22年(2010)1月9日(土)~3月7日(日)
開館時間:午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)

休館日:1/12(火)・18(月)・25(月)・26(火),2/1(月)・8(月)・15(月)・22(月)・23(火),3/1(月)

観覧料:一般 900(700)円 高大生 600(400)円 中学生以下無料
( )内は団体・前売料金、団体は20名様以上です

※ 名古屋市交通局発行のユリカ・一日乗車券・ドニチエコきっぷでご来場の方は、当日料金から100円割引(他の割引との併用はできません)
※ 身体等に障がいのある方は、手帳の提示により本人と介護者2名まで、当日料金の半額となります。

◇ブックマーク:お気に入りに追加 Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Googleブックマークに登録 livedoorクリップに投稿 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク Choixにブックマーク
◇カテゴリ:その他
◇タグ:名古屋市博物館

その他のイベント

近日のイベント

チケットぴあ