尾張津島天王祭 2019

映画や音楽コンサート、レジャーやアート、テレビ、ショップ、出会い、転職まで名古屋のイベント情報を幅広く掲載

旬のキーワード
ディズニー
原画
盆踊り
どまつり
ドラマ
きのう何食べた?
ヱヴァンゲリヲン
プロジェクションマッピング
アニメ
モーターショー
フェス
お盆イベント
スヌーピー
ナイトショー
体験
夏まつり
eスポーツ
マンガ
サーカス
七夕
コスプレ
花火
アート
動物
ピクサー
祭り尾張津島天王祭 2019

2019/7/27,28

ユネスコの無形文化遺産登録!

日本の三大川祭の1つ、室町時代から続いているといわる津島神社の祭礼。7月27日(土)に「宵祭」、28日(日)に「朝祭」を津島市 天王川公園で開催。

日本三大川まつりのひとつに数えられる「尾張津島天王祭」。津島神社の祭礼として室町時代にはじまり、600年近い歴史を持つ、全国の数ある夏まつりの中でも最も華麗なものと言われています。

宵祭では、天王川に浮かぶ5艘のまきわら船が、津島笛を奏でながらゆうゆうと天王川を漕ぎ渡ると、500余りの揺らめく提灯が川面に映り、まきわら船はその美しさをさらに際立たせ、灯と水のドラマは頂点に達します。

朝祭は、まきわら船が能人形を乗せた車楽船に模様を替え、市江車を先頭に6艘の車楽船が古楽を奏でながら漕ぎ進みます。先頭の市江車から10人の鉾持が布鉾を持って水中に飛び込み、川を泳ぎ、神社に向かって走ります。

神輿還御の後、神前で稚児による神前奏楽が行われます。

2016年に、ユネスコ無形文化遺産登録された「山・鉾・屋台行事」33の祭礼のひとつです。

~幻想的な宵祭~

午後7時頃から如意点灯(提灯に点灯)が始まり、午後9時頃に、5艘の巻藁船(提灯船)が車河戸から天王川に漕ぎ出します。

本町筋の地区は戦国期から津島五ヶ村と呼ばれ、北から米之座、堤下、筏場、今市場、下構(中島)でした。この5地区から祭船が出されます。

主宰者は車屋と呼ばれ、祭船も単に「車」と呼ばれています。

現在の宵祭の船には稚児は乗っていません。囃子方が「津島笛」を奏します。

順次、船が接岸すると車屋一行が御旅所の神輿に拝礼し帰船します。そして、巻藁船は車河戸に戻ります。

~華麗な朝祭~

朝祭には市江の車楽舟(だんじりぶね)と津島の5艘の車楽舟が出ます。

宵祭が終わった夜、津島の5艘は、提灯を外すなどして夜を徹して朝祭用に飾り変えをします。

車楽舟の二段屋台には置物(能人形)が飾られます。一番車には「高砂」が恒例となっています。

前部には車屋が床机に腰掛けます。江戸期、車屋は祭期間中、苗字帯刀が許されていました。

稚児、囃子方(締太鼓・笛・太鼓)、乗り方衆、祝司らが乗船し、天王川を奏楽しながら漕ぎ渡ります。

尾張津島天王祭

◇開催日:
2019年7月27日(土)、28日(日)

◇時間:
【27日】宵祭 18:00~
【28日】朝祭 9:10~

◇開催地:
天王川公園
津島市宮川町1丁目

津島神社
津島市神明町1

◇料金:
無料(桟敷などは有料)

◇アクセス:
名鉄津島線津島駅より西へ徒歩20分

駐車無料

◇問い合わせ先:
一般社団法人津島市観光協会
0567-28-8051

◇ブックマーク:お気に入りに追加 Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Googleブックマークに登録 livedoorクリップに投稿 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク Choixにブックマーク
◇カテゴリ:祭り
◇タグ:夏まつり , 天王祭 , 津島市

祭りのイベント

近日のイベント

チケットぴあ