名古屋市美術館「若林 奮 飛葉と振動」

映画や音楽コンサート、レジャーやアート、テレビ、ショップ、出会い、転職まで名古屋のイベント情報を幅広く掲載

旬のキーワード
漫画
アリス
エヴァンゲリオン
ゴールデンウィーク
謎解き
春まつり
ママ
マンガ
原画
アニメ
アンパンマン
トムとジェリー
アート名古屋市美術館「若林 奮 飛葉と振動」

2015/4/18~5/24

日本を代表する彫刻家・若林奮(1936ー2003)のほかに例を見ない繊細で哲学的な造形世界を「庭」をめぐる作品により紹介。4月18日(土)~5月24日(日)に名古屋市美術館で開催。

若林奮(わかばやし いさむ/1936-2003)は20世紀後半の日本を代表する彫刻家です。幼い頃に戦争を体験し、戦後の高度経済成長期に作家となった若林は、社会が大きく移り変わるなか、時間の推移や運動によって変化する環境のあり方を自身との関係性において彫刻として造形し、その行いを通して世界の本質を考察しつづけました。その作品の多くは、主題はもとより、形状や材質、技法においても従来の彫刻にはなかったものとなっています。

「飛葉と振動」は、最晩年の彫刻作品につけられた名前です。このふたつの言葉を手がかりとして、国内5会場を巡回する本展では、彫刻のほか、素描や模型、資料類を交えて、最も重要な主題である「庭」をめぐる作品から作家の生涯にわたる創作の歩みを紹介します。

芸術が思索の装置としてあり、哲学として存在していることを再認識させる若林の造形は、この世にある人間存在がはかなくもろいものであることを知らしめ、謙虚に世界と向き合うことへと私たちを導きます。

若林奮 飛葉と振動
ISAMU WAKABAYASHI Flying Leaves and Oscillation

◇会期:
2015年4月18日(土)~5月24日(日)

◇開館時間:
午前9時30分~午後5時、金曜日は午後8時まで
(入場は閉館の30分前まで)

◇休館日:
5月4日(祝)を除く月曜日と5月7日(木)

◇会場:
名古屋市美術館

◇料金:
入場料
一般:当日1,200円 前売1,000円
高大生:当日800円 前売600円
小中生:無料

 

名古屋市美術館
名古屋市中区栄二丁目17-25 白川公園内
電話 052-212-0001
Fax 052-212-0005

開館時間:9:30~17:00
祝日を除く金曜日は20時まで開館

休館日:月曜日(祝日の場合は直後の平日)
12月29日~1月3日

観覧料(常設展):
一般 300円
高校・大学生 200円
名古屋市在住65歳以上の方 100円
小・中学生 無料

アクセス:
地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」下車、5番出口から南へ徒歩8分
地下鉄鶴舞線「大須観音」下車、2番出口から北へ徒歩7分
地下鉄名城線「矢場町」下車、4番出口から西へ徒歩10分

駐車場:
お客様用駐車場はありません。
白川公園内の有料駐車場等をご利用ください。

白川公園駐車場
営業時間 午前8時~午後9時
料金 30分あたり 180円
駐車台数 58台

◇ブックマーク:お気に入りに追加 Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Googleブックマークに登録 livedoorクリップに投稿 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク Choixにブックマーク
◇カテゴリ:アート
◇タグ:名古屋市美術館

アートのイベント

近日のイベント

イチオシ!開催中・近日開催のイベント

チケットぴあ