シャガール展 三次元の世界

映画や音楽コンサート、レジャーやアート、テレビ、ショップ、出会い、転職まで名古屋のイベント情報を幅広く掲載

旬のキーワード
盆おどり
コスプレ
ディズニー
花火
どまつり
お化け屋敷
夏まつり
鋼の錬金術師
スケート
ナイトショー
謎解き
写真
名探偵コナン
スヌーピー
ビール
お盆イベント
アート
サーカス
七夕
アートシャガール展 三次元の世界

2017/12/14~2/18

~キャンヴァスから飛び出す恋人や動物たち~

豊かなイメージと華麗な色彩が織りなすシャガールの世界。日本で初めて彫刻と陶器などの立体作品をまとめて紹介。12月14日(木)~2月18日(日)に名古屋市美術館で開催。

シャガールの三次元の世界に対する意識を、平面と立体の作品あわせて170点ほどを比較検討することで探る。 20世紀を代表する巨匠の、豊穣な世界を堪能できる。

シャガールが初めて陶器を手がけたのは1949年、戦火を逃れて亡命していたアメリカからフランスに戻った翌年のことでした。この頃から彼の活動の場所はパリではなく、地中海の光あふれる南フランスの小さな村々へと移っていきます。

環境の変化は創作にも大きな影響を与えます。陶器を手がけた2年後の1951年には最初の彫刻作品が誕生します。

この頃シャガールはすでに60代半ばの円熟期にさしかかっていましたが、新しい表現手段を手にした彼は、まるで子どものように喜々としながら新たな創作意欲をみなぎらせます。

そして生み出された陶器や彫刻の数々。それは画家の余技をはるかに超えた、独自性と創造の喜びにあふれています。

<シャガール展 三次元の世界> と題された本展は、この作家のあまり知られていない彫刻と陶器などの立体作品を、まとめてご紹介する日本で初めての試みです。

約170点の出品作品のうち、3分の1が彫刻と陶器、それ以外は馴染みの深い絵画や素描、版画といった構成です。シャガールが立体作品に取り組むのは晩年ですが、三次元への意識はごく初期の作品にも見られます。

絵画と彫刻、平面と立体が、この作家の中でどのように意識され、作品化されていったのか。その創作の秘密に本展は迫ります。初めてのシャガールとお馴染みのシャガール。2つのシャガールの世界をどうぞお楽しみください。

シャガール展 三次元の世界
~キャンヴァスから飛び出す恋人や動物たち~

◇会期:
2017年12月14日(木)~2018年2月18日(日)

休館日:月曜日(1/8、2/12は除く)・12/29(金)~1/3(水)・9(火)・2/13(火)

◇開館時間:
午前9時30分~午後5時、金曜日は~午後8時
(入場は閉館の30分前まで)

◇休館日:
月曜日(10月9日は除く)、10月10日(火)

◇会場:
名古屋市美術館

◇料金:
一般 当日1,400円 / 前売・団体1,200円
高大生 当日1,000円 / 前売・団体800円
中学生以下 無料

チケットぴあ(Pコード768-455)
ローソンチケット(Lコード45545)

◇お問い合わせ先:
名古屋市美術館
TEL 052-212-0001

 

名古屋市美術館
名古屋市中区栄二丁目17-25 白川公園内
電話 052-212-0001
Fax 052-212-0005

開館時間:9:30~17:00
祝日を除く金曜日は20時まで開館

休館日:月曜日(祝日の場合は直後の平日)
12月29日~1月3日

観覧料(常設展):
一般 300円
高校・大学生 200円
名古屋市在住65歳以上の方 100円
小・中学生 無料

アクセス:
地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」下車、5番出口から南へ徒歩8分
地下鉄鶴舞線「大須観音」下車、2番出口から北へ徒歩7分
地下鉄名城線「矢場町」下車、4番出口から西へ徒歩10分

駐車場:
お客様用駐車場はありません。
白川公園内の有料駐車場等をご利用ください。

白川公園駐車場
営業時間 午前8時~午後9時
料金 30分あたり 180円
駐車台数 58台

◇ブックマーク:お気に入りに追加 Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Googleブックマークに登録 livedoorクリップに投稿 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク Choixにブックマーク
◇カテゴリ:アート
◇タグ:名古屋市美術館

アートのイベント

近日のイベント

チケットぴあ