松坂屋美術館『手塚雄二 一瞬と永遠のはざまで』

映画や音楽コンサート、レジャーやアート、テレビ、ショップ、出会い、転職まで名古屋のイベント情報を幅広く掲載

旬のキーワード
アート
きのう何食べた?
お盆イベント
コスプレ
夏まつり
どまつり
フェス
ディズニー
ピクサー
花火
ヱヴァンゲリヲン
原画
プロジェクションマッピング
ナイトショー
ミニチュア
アニメ
体験
スヌーピー
サーカス
eスポーツ
モーターショー
動物
マンガ
盆踊り
七夕
アート松坂屋美術館『手塚雄二 一瞬と永遠のはざまで』

2011/1/2~23

誰よりも深く。限りない静寂。斬新な発想と独自の美意識で、日本画の世界に新たな息吹を吹き込む手塚雄二の展覧会。1月2日(日)~ 1月23日(日)まで松坂屋美術館で開催。

手塚 雄二 一瞬と永遠のはざまで

2011年 1月2日(日)~ 1月23日(日)

斬新な発想と独自の美意識で、日本画の世界に新たな息吹を吹き込む手塚雄二(1953年生まれ)。日本美術院という長い伝統を誇る団体に属しながら、その中で模索と挑戦を繰り返し、現代日本画の中でも異彩を放つ存在といえます。

手塚は、友禅染の絵付け師である父のもと、神奈川県鎌倉市に生まれました。幼少期に東京に移り住み、高校生のころに画家になることを志します。東京藝術大学に入学後、1979(昭和54)年の第34回春の院展および再興第64回院展で初出品・初入選。同大学大学院に進学してからは故平山郁夫に師事、やがて同大学で後進の指導にあたりながら院展への出品・受賞を重ね、1992(平成4)年には同人へ推挙されました。

本展では、30年以上に及ぶ画業の中から大作約40点を絞り込み、手塚芸術の根底をなす美意識として「寂」(じゃく)「雅」(みやび)「塊」(かたまり)「謐」(ひつ)「燦」(さん)という5つのテーマをもうけ展覧いたします。また、細密な技巧が光る小品、および展覧会初公開となるデッサンあわせて約70 点の作品を展示いたします。新たな切り口でみせる手塚雄二の世界をご高覧ください。

入館料:
一般 800円
高校・大学生 600円
中学生以下 無料

松坂屋美術館
松坂屋名古屋店 南館7階
名古屋市中区栄3-16-1
TEL 052-264-3611
FAX 052-264-3619

開館時間:
午前10時~午後7時30分
*最終日は午後6時閉館(いずれも入館は閉館30分前まで)

アクセス:
地下鉄名城線「矢場町駅」地下通路直結(5・6番出口)
地下鉄「栄駅」16番出口より南へ徒歩5分

駐車場:
松坂屋南館駐車場
9:30~22:30

◇ブックマーク:お気に入りに追加 Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Googleブックマークに登録 livedoorクリップに投稿 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク Choixにブックマーク
◇カテゴリ:アート
◇タグ:松坂屋美術館

アートのイベント

近日のイベント

チケットぴあ