はだか祭(儺追神事)

映画や音楽コンサート、レジャーやアート、テレビ、ショップ、出会い、転職まで名古屋のイベント情報を幅広く掲載

旬のキーワード
フィギュア
バレンタインデー
チョコレート
スケート
ハワイ
アート
ナイトショー
プロジェクションマッピング
スポーツ
ラーメン
恐竜
ペット
コスプレ
ゲーム
ライトアップ
祭りはだか祭(儺追神事)

2018/2/28

天下の奇祭!? 熱き男の祭り

数千人のはだか男らが「神男」に触れようと、肉弾相打つ揉み合いが繰り広げられる。2月28日(水)に尾張大國霊神社(国府宮)で開催。

毎年旧暦1月13日に行われる儺追神事。起源は奈良時代、人出は約25万人。

厄年の男を中心とした、数千人の裸男が、「神男」にふれて厄を落とそうと激しくもみ合い、かけられた水もたちまち湯煙となって立ち込める様は、まさに“天下の奇祭”。

「はだか祭」は、ただしくは、「儺追神事(なおいしんじ)」と言い、奈良時代の神護景雲元年(767年)称徳天皇が、「全国の国分寺に悪疫退散を祈れ」と勅命を発した時、尾張国司が尾張総社である尾張大國霊神社(国府宮)で厄払いをしたのが儺追神事となったもの。

毎年旧暦1月13日に、42歳と25歳の厄年の男を中心に尾張一円から、サラシのフンドシ、白足袋をつけただけの数千人の裸男が集まり、国府宮神社の参道に登場した素っ裸の神男に触れて厄を落そうともみあいになります。

浴びせた手桶の水に厄男たちがひるむスキをついて、神男の一団がジリジリ儺追殿へ達するまでがこの奇祭のクライマックスです。

はだか祭の前日に50俵の大鏡餅がお供えされ、祭の翌日は、大鏡餅の切餅を受けようと、大勢の参拝者が列を成します。

儺追神事(はだか祭)

◇開催日:
2018年2月28日(水)

◇時間:
儺追神事 15:00~
※祈祷 5:00~18:00頃

◇会場:
尾張大國霊神社(国府宮)
愛知県稲沢市国府宮1-1-1

◇アクセス:
名鉄名古屋本線「国府宮駅」下車、北口から徒歩3分
JR東海道本線「稲沢駅」から徒歩20分

◇料金:
無料
祈祷料 5000円以上

◇お問合せ先:
尾張大國霊神社(国府宮神社)0587-23-2121

◇ブックマーク:お気に入りに追加 Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加 Googleブックマークに登録 livedoorクリップに投稿 newsingに投稿 Buzzurlにブックマーク Choixにブックマーク
◇カテゴリ:祭り
◇タグ:奇祭 , 稲沢市

祭りのイベント

近日のイベント

チケットぴあ